ブログ

事例610『基礎断熱材 剥離』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は午後から欠陥住宅の裁判。
今回、私の役割が重要なため、
集中して取り掛かろうと思います。
■(1)今回の事例_________
「基礎断熱材 剥離」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎断熱材 
◆写真解説
ガス屋さんが基礎断熱材を剥がし、そのまま放置。
その箇所で冬場結露を起こし、
付近の木部にカビが生えている。
◆内容説明
施工した職人は断熱材の重要性を理解していないのか
剥がした断熱材をそのまま放置した。
その結果、断熱材がない箇所でコンクリートの表面が結露を起こし、
その水分で付近の木部にカビが生えた。
床下は普段、目に付きません。
私が床下に入るまでは誰も気づかなかった。
◆対策
設備工事は床組前に完了させ、
床組時の検査でチェックをする。
===================
■(2)編集後記
有名メーカーなら、会社名と支店、
地元工務店なら、会社の規模、構造、仕様を聞くだけで
欠陥住宅の確率、どんな指摘が出るかおおよそ予想ができます。
先日も欠陥検査依頼の問い合わせがあり、
そのメーカーで依頼者の懸念する欠陥が出る確率は
1%以下ですと説明をしました。
私の根拠のない予想に受け取れますが、きちんと裏づけはあります。
どの職人が入ってもそこは間違えないようなシステムが
その会社はできています。
また、新築分譲住宅の完成検査を依頼して方に、
どんな指摘が出る可能性があるか事前に伝えたら、
ほぼ、予想した内容どおりの検査結果になりました。
このような内容は、消費者にとって非常に有益だと思います。
ただ、営業妨害になる恐れがあり、ネットで公開できないのが残念です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影