ブログ

事例625『防火区画壁の隙間』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
「無知で向上心なし、人任せで無責任」
こんな建築士、業者ばかりを対応していると、
腹が立つことばかり。
また、住宅業界は忙しいので、「建ててやる」といった
強気な態度の業者も最近、多い気がします。
慌てて建てると、こんな奴らに引っかかります。
十分、業者を選びましょう。
■(1)今回の事例________
「防火区画壁の隙間」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-防火区画壁
 
◆写真解説
商業ビルの防火区画壁。
上部、上階の床と接する部分に大きな隙間がある。
これでは火や煙を止められない。
◆内容説明
細かな説明は不用ですね。防火壁に隙間があってはいけません。
商業施設や共同住宅などは、オーナーの利益を生むための建物。
安く建てさせるためか、品質をあまりうるさく言う人は少ない。
完成後、目に見える不具合が出て、検査に入ると
住宅以上にいろいろ出てくる確率が高い。
今回の例も、天井裏など、普段目に付かないところで
手抜きをたくさん発見しました。
◆対策
最近、老人ホームの新築検査の話がたまにあります。
規模が大きく、金額が増すためか
制約には至りませんが、住宅以外でも第三者チェックは
必要だと思います。
===================
■(2)編集後記
ものすごくひどい欠陥住宅を検査しました。
法律、基準を無視。
表がきれいになっていれば、中身は何でもいい。
そんな感じの家でした。
このような家に住んでいれば、いろいろ不具合が出てきます。
不具合が出ても、業者が逃げるため、
裁判を起こさないといけません。
デタラメでも家は完成し、買い手が付く。
確認申請制度。
建築業法。
いろいろ強化しないと、欠陥住宅問題は
なくならないでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影