ブログ

事例629『梁、柱のカビ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
あるNPOの検査組織が検査した
報告書を見させていただきました。
実務をやってない建築士が検査したようで、
知識不足をさらけ出す内容でした。
材料、基準などは変化していきます。
実務をしていないと分からないでしょう。
■(1)今回の事例________
「梁、柱のカビ」
_______________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-柱のカビ
 
◆写真解説
壁内が湿気た状態で気密シートを施工。
その結果、柱、梁にカビが生えた。
気密シートが乾燥を妨げている。
◆内容説明
気密を高めるため、気密シートを使う現場があります。
雨で梁、柱が濡れたまま気密シートを張ると
水分の蒸発を妨げ、カビが生えたりします。
◆対策
外の雨仕舞いを済ませたあと、
梁、柱、壁内が乾燥していることを確認してから
気密シートを施工する。
====================
■(2)編集後記
ミサワホーム中国の施工ミス。
詳細な内容が伝わって来ません。
記事によると型式認定に対する施工ミス。
型式認定とは・・
標準的な仕様書により複数建築される住宅等の建築物について、
構造、防火、設備等が建築基準法に適合しているかを専門の委員が
予め審査し、認定を行うもの。建築確認申請において型式適合認定書
を添付することにより、審査が簡略化される。
プレハブメーカーのほとんどは、型式認定を取っています。
この認定内容については、一般に開示されず
ブラックボックス化しています。
新築検査に入っても、入手することはできませんし、
裁判所から請求しても、まともに出さないメーカーもあります。
ですから、今回のミサワホームの件も
外部の人が気づくことはできない。
ハウスメーカーが独自で取得した大臣認定なども
詳細内容は一切開示されていません。
これらが大手ハウスメーカーの欠陥隠しの温床になっています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影