ブログ

事例633『サッシ枠からの漏水』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今月も多くの予約を頂き、12月入ってまだ3日ですが
12月中旬過ぎまでの現場予定が埋まりました。
よって、これ以降の欠陥検査は、書類の完成が来年になります。
また、時間がかかる裁判書類の作成も
これから依頼いただく分は、書類の納期は来年です。
新築工事中の検査だけは、随時工程に合わせ動きます。
■(1)今回の事例_________
「サッシ枠からの漏水」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-サッシ漏れ
 
 
◆写真解説
バルコニーに取り付けられた掃きだしサッシ枠からの漏水。
サッシを外し躯体への被害を確認。
下部の木が腐朽していた。
◆内容説明
サッシ枠のビス締め付け不足により
パッキン部から漏れた。
組み立て時に締めが甘かったか、
経年劣化で緩んだかは分かりません。
◆対策
万が一のことを考え、
サッシ下に先張りシートの施工を行う。
====================
■(2)編集後記
今朝1件目の現場は、施工がひどかった。
納期に間に合わず、慌てて造ったという感じ。
貼り合せたフローリング。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-フロアー傷
大きく凹んだ玄関ドア。
隙間だらけの壁など。
新築で、これでいいという人はいないでしょう。
このような現場が今、多い気がします。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影