ブログ

事例639『基礎の位置ずれ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
建築資材が不足しているようです。
物によっては在庫が無く、数週間待ち。
これから3月までこのような状況が続くでしょう。
■(1)今回の事例________
「基礎の位置ずれ」
_________________
 
基礎のずれ
 
◆写真解説
約10CM、基礎屋さんが位置を間違えて施工した。
このあと、基礎を壊しやりかえた。
◆内容説明
基礎の立ち上がり位置を間違えた。
図面を良く見ていなかったか、
位置を出す時に間違えた。
社内検査をしていないのでしょう。
土台が載らないので当然やりかえないといけません。
◆対策
配筋検査時に位置をチェックする。
======================
■(2)編集後記
事務所内の不用品の片付けのため、回収業者をネットで探し
問い合わせしてみました。
電話のとき、相手の話しに胡散臭さを感じたため
見積もりに来てもらうのを止めようかと思いましたが、
実態を見たかったので、今日の夕方来てもらいました。
やはり、予想していたとおり、高額な金額を提示後、
今決めたら値引きますと即決を求めてきた。
見積もりを口実に建物内に上がりこみ、断りにくい状況を
つくり、巧みな言葉と、押しで契約させる手法です。
信頼ができないと、ゴミの処分もきちんとやってくれるか
心配です。
きっぱり断り、帰っていただきました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影