ブログ

事例451『鉄骨柱の錆び』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
先週土曜日の夕方、腰を痛めてしまった。
この日の午後は、欠陥調査の報告書を
集中して、休憩もなしで書いていた。
そのため、座りっぱなしが続き、
筋肉が固まった状態で、重いものを持ち、腰を痛めた。
寝込むほどでもなく、生活に支障はありませんでした。
今日は、3日目。ほぼ回復しました。
車の運転など、座り仕事が多いため、
腰の筋肉が凝り固まっているようです。
運動不足を解消しないといけません。
 
■(1)今回の事例_____
「鉄骨柱の錆び」
_____________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄骨柱さび
 
◆写真解説
 
鉄骨柱の錆び。1階床下が湿気ていたため、
厚みの1/4が錆びに侵された。
耐力的に弱くなっていることは確実です。
 
 
◆内容説明
 
築15年超の中古住宅。
鉄骨造で、1階床は木で組んである。
床下へもぐったら、シロアリの被害を発見。
さらにこの鉄骨柱の錆を発見した。
原因は床下の換気量が足らず、
地面からの湿気で床下全体が湿気ていた。
柱の根元が錆びて細くなれば、大地震に耐えられない。
 
◆対策
 
普段から床下の点検は重要です。
また、中古住宅を購入する時は、専門家に床下の隅々を見てもらう。
「隠れた瑕疵=故意に隠された瑕疵」であることが多い。
床下の隅々までチェックするとは、相手は思いません。
だから、隠された瑕疵を自分側で見つけることが大事です。
 
==============
■(2)編集後記
費用面で弁護士を頼めない理由から
自力で欠陥住宅紛争を解決しようとしている人は意外と多い。
自力でやるにしても、建築の基準は難しいため
協力してくれる建築士を探さないといけないが、
これに苦労するようです。
特に地方では、建築関係者同士のつながりが強い。
裁判などで、業者を叩けば、仲間はずれになる可能性もある。
だから、名前を出して協力してくれる人がいないようです。
ネットで検索し、私のところに協力依頼をしてくる人は多い。
1回くらいは無料で電話相談を受けても、安請負はしません。
一見ひどいように思えますが、
多忙のため、安請負した事件は必ず後回しになるし、時間をかけられない。
そうなると、いい加減な業務しか出来なくなり、迷惑をかけてしまう。
証人尋問だけ出て欲しいという依頼もありますが、
それも安価では受けられません。
相手の弁護士のシナリオに乗らないためには、万全の準備も必要です。
事件の内容をすべて頭に入れようと思うと、何時間もかかるため、
準備費用だけでも高くなります。
先回も書きましたが、欠陥住宅のあと処理は大変です。。
買う前、工事中の検査を重視してください。
 
 
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 
人気ブログランキングへ  

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影