ブログ

事例450『筋交いの欠落』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
昨日、今日検査で行った新築現場。
すべての会社が優秀でした。
 
そのおかげで、ぎりぎりの予定だった裁判所へも
遅れず行けるなど、無理無理のスケジュールを無事消化できました。
 
優秀だった業者さん
 
エス・バイ・エル、フロンヴィルホームズ名古屋、
サンヨーハウジング名古屋、ユニホー(敬称、㈱省略)
 
 
■(1)今回の事例_____
「筋交いの欠落」
_____________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-筋交い欠落
 
 
◆写真解説
 
瑕疵検査で、断熱材をめくったら、筋かいが無かった。
 
図面には記載があり、また、梁も筋交いが入るように
切り欠かれているので、現場で入れ忘れたと思われる。
 
 
◆内容説明
 
10年くらい前まで、図面どおり筋かいが入っていないことは
珍しいことではなかった。
現在は、中間検査や瑕疵保証の検査が上棟後にあるので
入れ忘れは相当減っている。
だだし、不真面目な検査会社は、筋交いすら見ないので
大工さんが勘違いすると、そのままになるケースがある。
筋交いの欠落は、位置によっては、
耐震性能に大きく影響します。
 
 
◆対策
 
壁の中にある筋交い。
あとから非破壊で確認するのは困難です。
「構造は過剰に設計してあるので、1本くらい無くてもいいでしょう」
と、開き直られることもあるので、工事中のチェックが大事です。
 
 
 
==============
■(2)編集後記
最近の病院はとってもサービスがいい。
悪い言い方をすれば、売り込み上手。
昨年秋、健康診断を受けて、
その後、未だに追加の検査をしています。
特に、どこか悪いわけではありませんが、
1%でも疑いがあると、とことん調べてくれます。
例えば、肺のレントゲンで何かがうつり、
CTを撮ったら、何も無かったとか。
そんなわけで、ほとんどの臓器を、高額な機械を使い、
詳しく調べています。
今検査しているのは、県立の大病院。
確か、1年位前に新聞に記事が載っていた。
「初の黒字化」
医者の営業が上手くなり、売り上げが上がったのでしょう。
また、歯医者さんに半年に1回、歯周ポケットの掃除を薦められる。
麻酔をかけてほじられる、痛い治療ですが、確かにきれいになります。
ただし、6回も通う必要があるので、結構面倒です。
これらは、どれも病気に対する予防です。
時間を取られても、お金がかかっても、
やっておくべきだと思い、通っています。
最近、あらかじめ紛争処理の料金を提示できるよう
料金表を作りました。
やはり、工事中の検査の数倍、費用がかかります。
家の工事も、欠陥予防に重点を置くことが大事です。
 
 
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 
人気ブログランキングへ
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る