ブログ

事例449『鉄骨の錆』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
現在新築検査中の現場。
2回ほど、現場監督さんが検査の時に立会いしなかった。
 
いくつか指摘を出したためか、その監督の上司が
「監督立会いで検査してもらわないと困る」と言ってきた。
 
これは、全くの誤解で、監督の方が立会いを拒んでいる。
 
 
現場で不明な点があれば、いろいろ質問する。
監督は答える自信がないから、私を避けたいようだ。
 
 
プロ不在の現場が、多く存在しています。
 
 
■(1)今回の事例______
「鉄骨の錆」
_____________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄骨の錆
  
◆写真解説
 
大手ハウスメーカーの家。鉄骨の錆。
いくら工場で高品質の塗装をしても、
雨漏りを放置すれば鉄は錆びる。
 
 
◆内容説明
 
屋根からの雨漏りを放置し、鉄骨が錆びた。
 
家に使われる鉄骨は、雨ざらしを想定していない。
塗装品質を自慢するメーカーもあるが
湿気たり、塗れた状態が続くと、錆は発生する。
 
 
◆対策
 
発見が遅れると、断面を欠損し
構造的に弱くなる。
 
雨漏りは材料を腐らせる。
点検などによる早めの発見が重要です。
  
 
==============
■(2)編集後記
「世界で通用するリーダーシップ」 
ノバルティス ファーマ社長 三谷宏幸著 東洋経済新聞社
の中に、建築基準法に関する記載が書いてあった。
 (途中は省略します)
日本人は予定調和を想定し、決まり事さえ守っていればいいと
ついつい考えてしまう。ルールがあるときはそれさえクリアすれば
いいと思ってしまう。さらにチェックする側もそれしか見ない。
 
この体質は、確かにある。
ある検査会社は、基準法の範囲内でしか指摘しないそうです。
例えば、風で揺れる2階建て木造住宅があるとする。
その原因が、明らかな床剛性の不足だったとしても、
基準法に床の決まりはないから、瑕疵はないとなる。
一つ一つがオーダーメイドで造る建築で、
国が細部まで基準を定めるのは難しい。
大手ハウスメーカーは、完全な施工を目指し、
細部まで記載した施工マニュアルを作っています。
しかし、マニュアルがあっても情報量が膨大すぎて
社員や職人は覚えきれない。
枠にとらわれず、考えていく人が増えれば
欠陥住宅は減るでしょう。
 
 
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 
人気ブログランキングへ
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影