ブログ

事例448『基礎のひび割れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今朝は寒かったです。
 車の外気温計の表示は-4度。
 
 今まで名古屋に居て、見たことがない数字。
 
 現場へ行く途中の池が凍っていましたし、
 水道管が破裂したという話も聞きました。
 
 暑さ、寒さが極端になっている気がします。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「基礎のひび割れ」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-クラック
 
 ◆写真解説
 
 基礎のひび割れ。幅は約2mm。
 漏水、耐久性に十分影響が出る幅です。
 
 通常よく見かけるひび割れ幅は0.1、0.2mm程度。
 
 
 ◆内容説明
 
 かなり幅が広いひび割れ。
 地盤沈下が影響で発生した。
 
 過去に補修したあとがあるが、十分な補修でない。
 
 ここまで広いひび割れを、放置してはいけない。
 漏水するし、鉄筋が錆びるなど、耐久性に影響も出る。
 
 
 ◆対策
 
 クラックの補修方法は、補修目的、ひび割れの現象、
 ひび割れの幅、などの諸条件で変わってくる。
 
 勝手な判断をせず、専門書がいくつか出ているので
 それらを参考に補修をする。
 
  
 
====================
■(2)編集後記
 
 先日立ち会った紛争の現場。
 
 関係する建築業者が、あまりにも無知なために
 話が混乱していた。
 
 
 言っていることは、建築的に非常識。
 思い込みが激しく、譲らない。
 
 今考えると、欠陥がバレるのを恐れ、
 無知なふりを、していたのかも知れません。
 
 
 このような業者は、たくさんいますが
 見極めが難しい。
 
 
 「うちを信用してください」と言う業者は多い。
 
 それは投資会社が、「必ず儲かりますから」と、
 言っているのに近いように思えます。
 
 だから、裏づけがなければ
 安易に信用してはいけません。
 
 
 建築士による監理がきちんと機能していれば
 無知な業者に対する欠陥予防はできる。
 
 しかし現実は、ほとんどの現場で監理が
 機能していない。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影