ブログ

事例457『屋根裏の防火被覆』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
瑕疵検査約5時間+往復330KM、計5時間の運転。
さすがに疲れを感じています。
今日は早めに寝ようと思います。
 
■(1)今回の事例_____
「屋根裏の防火被覆」
_____________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-防火被覆
 
◆写真解説
 
屋根裏の外壁内側。防火被覆(石膏ボード等)の施工がない。
法律のグレーゾーン部で、行政判断が分かれていた箇所。
最近、必要と判断をする行政が増えている。
 
◆内容説明
この件は、建築士でも理解していない人が多く、
詳しく解説すると難しくなるので、簡単に書きます。
市街地にある、主要構造部が木材、プラスチックその他の可燃材料で
造られた建物は、室内側に石膏ボード等の「防火被覆」が平成12年の告示
で必要になった。
住宅の外壁で多いサイディング。
サイディングメーカーは、この基準に適合するように
室内側の防火被覆を組み合わせ、「防火構造」の大臣認定を受けている。
設計者や現場によっては、天井の石膏ボードが
防火被覆の代わりだと、勝手に判断し、
天井より上の部分の外壁は、施工していない現場が多くあった。
しかし、タマホームなどのローコストメーカーが、数年前から施工し始め
職人などを通じたり、私も多くのメーカーに意見するなど
各メーカーにも広がって行き、今では、かなり認識されている。
建築基準法の判断は、行政がすべきものですが、
確認申請、検査のほとんどを民間が行っているため、行政の関与が少ない。
愛知県へ先週、行政で判断がばらばらであり、
はっきりして欲しいと問い合わせをしたところ、
「告示条文どおり=未施工は法違反」という回答が来ました。
今までは行政が曖昧な返事しかしなかった場合、
大手が自社基準で要らないと言い切ると、
それ以上の指導は出来ませんでした。有効な意見を頂きました。
(ALCやダイライトなど、防火被覆が不要なものがあります。
正確に判断するには、建築士の判断が必要です)
 
 
◆対策
 
愛知県でも、未だに施工をしない大手メーカーがいくつかあります。
また、ほとんどの第三者検査会社もこの件を指摘しません。
難しい件ですが、積極的に設計、監理者へ質問すると良いでしょう。。
 
==============
■(2)編集後記
この件は過去、裁判中の物件でも、調停委員が瑕疵だと認めた例もあります。
また、昨年名古屋市が、業界トップのメーカーに施工しろと言いました。
本当にわかりにくい例ですが、建築士の方はきちんと理解してください。
2008年と古いですが、分かりやすい資料です。参考にしてください。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/HB/about/pdf/bouka.pdf
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影