ブログ

型式適合認定

朝、現場直行で完成検査に行ってきました。
雨の日は、現場内が暗い。
投光器を片手に検査すると、晴れの日の何倍も目が疲れます。
それでも昨年、レーシックの手術を受けてから、
床下等で眼に埃が入ったとき以外は、充血しなくなりました。
----------------------------------------
型式適合認定
国土交通大臣が「建築材料、主要構造部、建築設備、その他の建築物の部分」
の型式について、建築基準法に基づく関係法規等に適合するものであるという
認定を行うもので
建築確認申請・検査における申請者の負担の軽減を目的に
主にプレハブ住宅で利用されている制度。
どんな認定内容になっているのか、外部に詳細な情報を出さないことが多く
ブラックボックス的になっている弊害がある。
また、認定内容を、現場の職人、監督が知らないため
認定内容と違う施工がおこなわれていることも実際にある。
国が認定内容に対し、抜き打ちで現場検査に
くるような話を聞いたことが無い。
エコポイント同様、確認に来ないから、
申請さえ通れば、あとは間違っていても、そのまま完成してしまいます。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影