ブログ

事例466『鉄筋切断 隠し』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
午前、躯体構造検査1.5H。
午後、瑕疵調査4.5H。
一日検査していると疲れます。
 
■(1)今回の事例________
「鉄筋切断 隠し」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋切断
 
◆写真解説
 
基礎立ち上がりの鉄筋。位置がずれたため、
下部を切断し、正規の位置へ穴を開けて挿していた。
見た目はOKですが、構造耐力上の効果はない。
 
◆内容説明
一見、問題なく見えるため
検査で危うく見落とすところでした。
よく見ていたら、不自然に思えたので
手で触ったら持ち上がってしまった。
最低でも、あと施工のアンカーで是正すればよいところ、
ただ挿しただけと言うのは完全な手抜きです。
この検査だけ通って、コンクリートを打ってしまえば
バレないと思ったのでしょう。
◆対策
当社の新築検査で4,5回検査の場合は
このタイミングの検査は通常行いません。
基礎を重視する場合は、
各コンクリートを打設する前の検査は重要です。
====================
■(2)編集後記
業者に騙されると、いろんなことが信じられなくなります。
当社に紛争処理を依頼してくる人の中にも
検査をして、あとから追加で多額の請求がくるなど
騙されたらどうしようという不安がある方もいます。
初対面だから、信用できないのは当然だと思います。
検査前に納得いただくまで、お話等いたします。
追加の業務が必要になるのは
裁判などに発展した場合です。
その場合でも、きちんと業務内容に応じて清算させていただきます。
瑕疵が明らかで、費用が適正であれば、
当社へ支払った費用を相手方へ請求できます。
先月終了した調停でも、
当社にかかった費用は100%認めてもらいました。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影