ブログ

事例472『基礎のひび割れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
朝一番で、三重県松阪市まで行ってきました。
天気がよく、ドライブ日和。
伊勢道から見える新緑がきれいでした。
■(1)今回の事例________
「基礎のひび割れ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎のひび
 
◆写真解説
 
べた基礎スラブコンクリートのひび割れ。
打設後の押さえを手抜きしたため、
コンクリートが沈み、多数のひびが入った。
 
◆内容説明
コンクリートの打ちこみ直後、上面が沈下し
鉄筋の上部でひび割れを起こす現象を、沈下ひび割れと言います。
この現場は、打設しながらコンクリートを押さえただけで
時間を置いての押さえは、しなかったようです。
次の現場へ早く行くなど、効率を優先して
作業工程を省略する職人がいる。
沈んだあとに押さえていれば、ひび割れは防止できた。
◆対策
大半のハウスメーカーは2度押さえを強要してます。
あとは、ひび割れしにくいコンクリートの配合計画の検討。
====================
■(2)編集後記
最近気にしているスポーツニュースは
日本ハム・稲葉選手の2000本安打。
稲葉選手のお父さんは水道工事店を営んでいて
ハウスメーカーにいた約7年間、大変お世話になりました。
そのこともあり、昔から稲葉選手を応援しています。
達成まであと1本。
今日は試合がないので、明日の楽天戦に期待します。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る