ブログ

事例509『天井下地切断』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
仕事がたまっているので、今週は1時間くらい早出してます。
今日は夜、雨が降ったせいか、朝は涼しいですね。
■(1)今回の事例________
「天井下地切断」
________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-天井下地切断
 
◆写真解説
ダウンライトの開口により天井下地が切断され、補強などがされていない。
ケースによっては天井が下がる恐れもある。
◆内容説明
住宅に限らずほとんどの建物は、
天井に埋込むダウンライトの位置を事前に検討せず
天井を施工します。
電気屋さんも下地材を切ることに罪悪感はなく、
それが当たり前だと思っているようです。
一度、天井が下がるなどして問題が起きて
責任を問われるまでは、意識は改善しないでしょう。
下地を切断した場合、天井材が2重など重量があるケースで
天井があとから下がってくる現象が実際に起きています。
それが元で大きな紛争へ発展した現場もあります。
◆対策
事前に器具の位置を照合し、あらかじめ下地の位置を調整するか、
切断した場合は補強をすべきですね。
===============
■(2)編集後記
愛知建築士会主催の私の講演
9月29日(土)が満員となりました。
10月27日(土)はまだ予約受け中です。
詳しくはこちら↓
http://ameblo.jp/kanomu-kensa/entry-11333580402.html

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影