ブログ

大手ハウスメーカーの基準は適当?

週末、新潟へ出張してました。
現場と車での移動が大半を占め、PCやスマホを触る時間がなく
2日ぶりの更新になりました。
-----------------------------------—-
先日、大手ハウスメーカーの基礎検査で疑問な点があった。
大手ハウスメーカーは、建築学会などの基準ではなく
独自の基準で施工している箇所もあるので、
社内基準を現場監督に尋ねると、
「わからない」という返事。
(現場監督は基準を知らなくても勤まるようです)
このあと現場監督が設計や本社、職人など、
いろんな人に電話で聞いてくれた。
結果、3人とも違う答えが帰ってきた。
一体このメーカーはどうなっているんでしょうか。
基準が曖昧なら、建築学会などの基準に沿うべきだと思います。
建築学会の基準などに比べ、
弱い方へ取っている施工箇所が結構ある。
このメーカーを日頃検査している性能評価の検査員は、
疑問を抱かないのだろうか?
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影