ブログ

事例511『火災警報器の位置がおかしい』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
岐阜県西濃地方では、高速道路や新幹線が
止まるくらい雨が降ったようです。
私も三重県松阪市からの帰り、
津から四日市間で豪雨にあいました。
洪水や土砂崩れなどの被害が出ていないと良いですが。
■(1)今回の事例________
「火災警報器の位置がおかしい」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-火災警報器
 
 
◆写真解説
住宅用火災警報器、壁からの位置が近い。
基準では60CM以上離すところ、10CMしか離れていない。
◆内容説明
取り付ける電気屋さんが基準を知らないため
このような間違いは多い。
せめて、確認申請の完成検査員が指摘をすれば良いが、それもない。
適正な位置に付いてないと、正常に作動しないこともある。
以下のリンクを参考に基準を知りましょう。
↓取り付け位置について分かりやすいHP
http://nittan-fts.com/i/ICHI.html
◆対策
取り付け位置を図面に明示する。
===============
■(2)編集後記
先週末、6年目の複合機がいきなり壊れた。
FAXやコピーができないと仕事にならないので
修理をすぐ呼ぶにも土曜日で電話がつながらない。
そこで考えたのが、修理をするか、新品にかえるか。
すでにリース期間も終わっているし、
古くなれば故障の頻度が増えると考え、買い替えを決断しました。
新しい複合機に入れ替えましたが、
メーカーを変えたため、使い方が分からず苦労しています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影