ブログ

事例515『基礎への水漏れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今週はややスケジュールがタイト。
遠方の検査が未定であったり、予定が立てにくい状況です。
■(1)今回の事例________
「基礎への水漏れ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎への水もれ
 
◆写真解説
浴室の水漏れ。
ユニットバスでないお風呂の排水が基礎内へ漏れている。
不衛生であり、床下が湿気る影響もある。
◆内容説明
近年、お風呂といえばユニットバスが一般的です。
ですから、ユニットバスでない「在来式」のお風呂を
施工したことがある職人、現場監督も減っています。
経験や知識不足から、たまに施工すると防水をミスるためか
今年検査に行った現場で在来式のお風呂が3つありましたが、
全て水漏れしてました。
この水漏れを直すにはタイルや浴槽を撤去するなど
大掛かりな工事になることが多い。
◆対策
職人や現場監督に施工経験を訪ね、
経験が浅い場合は職人を変えるか、よく指導する。
図面できちんと防水の指示をする。
===============
■(2)編集後記
また単価を下げられたという話を
職人さんからよく聞きます。
スーパーなどの安売り合戦と一緒で、
職人の間で値段を下げあっていることもあるようです。
特に、誰が施工しても品質があまり変わらない業種は
安い職人にとって替えることもあるようです。
現在消費税込で業者から注文を受けている下請け業者が多いようです。
今後消費税が上がっても単価が変わらないのは予想され、
行き過ぎた低単価が品質にどう影響してくるか心配です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影