ブログ

「業者が無知」 その場合やるべきこと

10月は検査が忙しかったせいか、秋を感じることなく寒くなった感じです。
昨日は午前中、書類作成をする予定でしたが、それは夜やることにして、
早朝出発し、午後からの仕事に間に合うように紅葉を見てきました。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-紅葉12
(長野県南部の山 標高1000Mくらいから撮影)
標高1500m以上の山頂付近はきれいに紅葉しています。
ただ、バイクで行ったので寒かった。
最低気温4℃。風防をMAXに起し、ハンドルのヒーターをHI、
風を通さないゴアテックスの防寒着にダウンのインナーを着ていても
寒かったです。
---------------------------------------------—
危険や重大でない瑕疵に対し、取り壊しなど過分な費用がかかる修補は
裁判などでは認められない。
そんなことは通常は知らないから、ちょっとの瑕疵に対し
補修ではなく、部材交換を要求する方が意外と多いです。
簡単に交換ができれば業者もゴネませんが、
建築部材はあとからでは簡単に交換できないものが多い。
例えば、柱を交換するには、屋根や梁などを
撤去しないと無理です。
もめている瑕疵が、業者の無知からくるものであれば、
重大な瑕疵がある可能性は90%。
それを発見するかしないかで交渉の状況は全然違います。
工事中、完成後問わず、業者が無知だと感じたら
時効が来る前に、きちんと全体を調べる必要があります。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影