ブログ

事例537『ダウンライト防火被覆』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は午後から欠陥検査。
床下は配管だらけで思うように前に進めず
時間もかかり、汗だくになりました。
検査時間も2人で手分けして、5時間。
疲れましたが、まだまだ今日中にやることがあります。
■(1)今回の事例________
「ダウンライト防火被覆」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ダウンライト被覆
 
 
◆写真解説
先回に引き続き準耐火建築物の瑕疵。
防火被覆の天井に埋込む照明器具部分に必要な防火被覆がない。
◆内容説明
先回と同様、準耐火建築物の壁や天井に開口を設ける場合は
開口面積に応じて、防火被覆が必要になります。
ちなみに写真のダウンライトの場合は、
開口面積が100平方センチ未満なので、ロックウール(密度40kg/立米以上)
又はグラスウール(密度24kg/立米以上)30mm以上の施工が器具の外側に必要。
◆対策
建物完成後にこれらを指摘すると、工事が大掛かりになります。
工事中にチェックをするか、電気工事屋さんに事前確認する。
===============
■(2)編集後記
このところの業務で感じることは、
不利な契約書や、いい加減な契約書にサインしている人が多い。
何もトラブルが無ければそれでも良いが、
もめた場合に、契約書の内容によっては救ってあげられないこともあります。
契約書の工期、支払条件。約款の内容、添付図面、見積書の内容を
きちんとチェックしましょう。
また、契約時期、手付金、契約金などでのトラブルも多いので
契約のタイミングや前払金の支払いは慎重に行いましょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影