ブログ

事例366『断熱材の濡れ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 仕事が忙しくてジムをやめてから
 運動を心がけるようにしているのですが
 
 少し距離を伸ばして走って、膝関節を痛める。
 スキーに行って足の筋肉を傷める。
 水泳をして肩を痛める。
 などを繰り返しています。
 
 
 軽くやっているつもりで
 どこかで無理しているようです。
 
 
 
■(1)今回の事例___________

  「断熱材の濡れ」
 __________________
 
 366

 
 
 ◆写真解説
 
 某大手ハウスメーカーが、雨の日に躯体を組み立てた。
 濡れても影響はないと言い切ったが、
 壁断熱材上のシートに水滴が付いていた。
 
 このままでは蒸発しないため、カビが生える。
 シートを破り、乾燥を指示。

 
 ◆内容説明
 
 工業化住宅のほとんどは、
 工場から外壁パネルに断熱材が付いてくる。
 
 そのため、雨で断熱材が濡れることを
 施主さんは心配をする。
 
 
 ここの現場監督は
 「雨が降っても中は濡れない」と言い切った。
 
 以前、同じこの会社の別の現場監督は、
 「グラスウールは水を吸わないから濡れてもいい」
 と言った。
 
 
 表面には銀色のシートが張ってあり、
 内部の断熱材は目視できない。
 
 カビが生えて黒くなっても、バレないので
 適当なことを言っているんでしょう。
 
 
 
 ◆対策
 
 躯体の組み立てをずらすと、あとの予定が狂うために、
 強引に雨でも強行する場合があります。
 
 監督がダメなら、営業に強く言えば、
 作業をやめるケースが多いようです。
 
 また、言いくるめられないために、
 検査を依頼するなら、業者に媚びない
 会社、検査員に依頼しましょう。
 
 
 
====================

■(2)編集後記
 
 
 私が前から思っていて、
 最近の省エネ意識から思い出したことは、
 
 「太陽光発電の設置費用は、なぜ横並びなのか」
 
 
 ある、専門工事店の価格を調べてみると
 
 日本製6社、中国製1社、カナダ製1社、
 どれも、標準家庭用3KWの価格は約200万円弱で
 8社の価格幅はたったの15万円。
 
 
 TVなどの家電は、出始めは高く、
 普及と共に値が下がる傾向にあります。
 LED電球もそうでした。
 
 ソーラーパネルも電気製品。
 また、最近は中国製が多く輸入されているのに
 価格が日本製と同じしくみも、
 専門でないので、よくわからない。
 
 
 僅かな補助金や、売電単価をUPをするより、
 太陽光発電の価格が10年ほどで
 元が取れるまでに下がれば、爆発的に普及するでしょう。
 そうなると、原発は要らなくなる。
 
 
 前資源エネルギー庁長官が、東電の顧問を辞めるなど
 今回の原発事故で、電力会社と国の癒着、原発の利権が
 明らかになってきている。
 
 今回、世論的にマスコミが叩けるいいチャンス。
 全て解明して欲しいですね。
 
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影