ブログ

事例400『石膏ボードの段差』

こんにちは住宅検査カノム の長井です。
 
 
 本来、今日まで事務所は休み。
 
 午前中、セミナーに呼ばれたのと、
 午後から知人を通じての相談希望があったので
 結局、1日仕事になってしまいました。
 
 
 
■(1)今回の事例_______

  「石膏ボード段差」
 ______________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-石膏ボード段差
  
 
 ◆写真解説
 
 壁石膏ボードの大きめの段差。
 
 裏側に何かあるようで、
 クロスの下地処理で、誤魔化しきれないと、
 壁が膨らんで見える。

 
 ◆内容説明
 
 美観損傷に、つながる恐れがある事項。
 
 
 造作完成時に、検査へ行くのは稀です。
 細かく仕上がり具合を見ていくと
 このような段差を、幾つか見つけることがあります。
 
 
 大工さんのあと、仕事に入るクロス屋さん。
 現場での力関係は
 大工さん>クロス屋さん
 
 だから、大工さんの仕事に
 クロス屋さんは、ケチはつけにくい。
 
 通常は、修正されないまま、
 下地処理で誤魔化される。
 
 
 見習いの大工さんが施工している現場は
 特に注意が必要です。
 
 
 
 ◆対策
 
 仕上げ工事で隠れてしまう前に、
 検査することが重要です。
 
 
================

■(2)編集後記

 
 ヤマダ電機は、エス・バイ・エルを買収すると発表。
 
 今後、住宅の電化という面で注目です。
 
 
 エス・バイ・エルは
 ここ4年ほど株価が100円以下で、
 22円という安値をつけたこともある会社。
 売上も右下がりで、ライバルメーカーの営業たちは
 倒産すると、噂していました。
 
 
 住宅着工数が落ち込む中
 淘汰されるメーカーが出るのは、仕方がない。
 
 倒産すると、メンテナンスが切れてしまうため
 買収という形で、生き残ることは、よいと思います。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
  人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
  http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影