ブログ

事例437『鉄筋かぶりなし』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今朝は5時半から仕事しています。
 早く帰るつもりが、もう21時半。
 
 明日も難しい検査があるので、
 これを書いたら帰る予定です。
 
 
■(1)今回の事例___________
  「鉄筋かぶりなし」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-かぶり
 
 ◆写真解説
 
 基礎外周部、折り曲げた鉄筋が下に付いている。
 かぶりはゼロで、基準法違反です。
 
 
 ◆内容説明
 
 基礎底の形状が、オールフラットのベタ基礎。
 
 外周部を掘り下げないために、
 スラブ鉄筋の折り曲げの先端が、
 捨てコンに付いている。
 
 
 折り曲げ方向をかえることで、
 是正させました。
 
 
 ◆対策
 
 設計時に配慮すれば、防くことができる。
 
 
=====================
■(2)編集後記
 
 昭和56年以前に建てられた木造住宅は、
 無料で行政の耐震診断を受けられます。
 
 私も7年くらい前、愛知県に検査員登録し、
 今でも時々、検査に行きます。
 
 
 耐震補強に前向きな方は、すでに診断を終えている。
 
 今、受ける人の大半は、市役所から勧められるなど
 タダですし、とりあえず受けてみようかという人が多い。
 
 だから、「検査して意味があるのか」とか、
 「どうせ検査しても補強する金はない」など
 検査に行って、文句ばかり言われることもある。
 
 役所絡みの仕事、
 「では検査をやめましょうか」とは言えないので
 嫌な気分で業務を遂行することになります。
 
 
 真剣に取り組む依頼者が減っている中、
 税金を使った耐震診断を、今後も続けないといけないのか。
 
 もしかしたら、以下の理由があるように思えます。
 
 
 当時の建築基準法の耐震基準が弱かった。
 
 その責任として、行政負担で耐震診断を行い、
 さらに、補強工事に補助金を出す。
 
 さんざん宣伝しているのに診断を受けない人。
 診断を受けて「倒壊する」と結果が出たのに
 何も補強工事しない人に対し、
 
 大地震が来て、家が倒壊しても、自己責任だと
 行政は突き放す。
 
 
 次の大地震の発生が、
 できるだけ遅いことを祈るしかありません。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ 
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影