ブログ

事例271(アンカーボルトの切断)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 雨上がりは「雨漏り検査」が多い。
 今日も午前中1件、行ってきました。
 
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「アンカーボルトの切断」
 ________________________
 271
 
 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 現場判断でアンカーボルトを切断。
 これに対する補強、補修はなし。

 
 ◆内容説明
 
 切断した理由を聞くと、
 
 基礎の上に壁がのらないから
 土台のサイズを小さくした。
 
 その結果おさまりが悪くなり
 アンカーボルトを切断してしまった。
 
 
 設計者は基礎を構造的に検討していた。
 
 まさかアンカーボルトが切られるとは
 思っていないでしょう。
 
 
 図面どうりでない施工です。
 
 
 
 ◆対策
 
 設計者の監理がほとんどの現場で
 機能していない。
 
 
 こういう瑕疵に対する対策は
 やはり現場検査しかないと思います。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 新たに住宅検査業務を始めたい建築士に
 動機を聞くと
 
  「本業が暇だから」
 
  という返事が多い。
 
 正直でいいと思いますが
 
 本業のかたわら、時間が空いたときに
 検査をやる。
 
 きちんとした検査は
 そんな都合のいいものではない。
 
 
 家は購入者にとって大きな買い物。
 だから、いい加減ではいけない。
 
 
 「志」がなく、検査をしていると
 
 障害が起きたときに
 適当になったり、逃げてしまうでしょう。
 
 
 正義を貫くのが難しい業界。
 
 「志」は技術と同様に重要です。
 
 
 検査を誰にしてもらうかが
 今後、重要になるでしょう。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影