ブログ

事例325(筋交い金物ビス抜け)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 最近、予定がよく変わります。
 
 それだけ余裕なく、
 現場が動いているのでしょうか?
 
 今日検査に行った現場も
 忙しそうに職人さんが動いてました。
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「筋交い金物ビス抜け」
 ________________________
 
 325

 

 
 
 ◆写真解説
 
 筋かいの裏側に取り付けられた金物。
 
 正面から見えないため、鏡を入れて見てみたら
 ビスが2本抜けていた。

 
 ◆内容説明
 
 筋交いが大地震時に、
 外れないように固定している金物。
 
 ビスが少なければ、当然弱くなる。
 
 
 現在、大工さんたちが忙しく
 慌てて仕事している感じを受ける。
 
 これも、急いでいたためか
 見えない箇所で、手抜きされたケース。
 
 
 私が現場で身に着けているベルトポーチには
 検査用に売られている鏡が入っています。
 
 ファイバースコープより使用頻度が高いです。
 
 
 
 ◆対策
 
 突貫工事をやめさせることは難しい。
 
 主要工程を確実に検査することが大事です。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 北朝鮮の韓国・延坪島への砲撃。
 昨日の夜、TVのニュースで被害状況が映し出され
 被害状況を食い入るように見てしまいました。
 
 
 北朝鮮のミサイルは、コンクリートを打ち抜いたあとに
 爆発するタイプだったようです。
 
 いくら、大地震に耐える建物を造っても
 ミサイルが飛んできたら、どうしようもないですね。
 
 
 第2次世界大戦のときに分断された朝鮮半島。
 その後、北朝鮮の侵攻で始まった朝鮮戦争。
 
 休戦後も続く緊張が解けないかぎり、
 戦争の心配があります。
 
 28日から始まる大規模な米韓軍事演習。
 何も起きないことを願います。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影