ブログ

事例246(断熱材の抜き取り)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は朝から現場でした。
  編集後記に記載する「トラブル」もあり
  一日バタバタしました。
  
 
 ようやく最終予定の「相談」が終わり
  今、お茶を飲んでほっとしています。
  
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「断熱材の抜き取り」
 ________________________
 
 246
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 床下調査で発見。
  断熱材が抜き取られた。
  理由は不明。

 
 ◆内容説明
 
 床下断熱材の一部が抜き取られていた。
 
 断熱欠損になりNGです。
 
 
 
 点検口などの開口もなく
  誰が何のためにおこなったのか不明。
  
  
 それでも理由を推測すると
  床下点検口の位置を変更したのでしょうか?

 
 
 ◆対策
 
 全現場の床下を完成時に検査するのは
  現実的ではありません。
 
 断熱材を施工する職人さんに
  断熱材の重要性を理解させることが大切。

 
 
===========================

■(2)編集後記

 今日検査に伺った積水ハウスさんの現場。
 
 
 約束の10時になっても誰も来ない。
  現場は鍵がかかっている。
  監督さんへ電話してもでない。
 
 こんな状態が40分。
 
 
 原因は電話で時間の打ち合わせをして
  
  10時と13時をどちらかが間違えた。
 
 確か携帯で連絡を受けたときは
  新幹線に乗ろうと急いでいて
  私が間違えたかもしれません。
  
 
 長くこの仕事をやってきて
  初めての出来事。
  
 やはり、メール、ファックスなど
  書面で打ち合わせしないとダメですね。
  
  
  
  
 
 最近、いきなり電話で相談されるケースが多いです。
 
 言っていることを理解できないことも大半です。
 
 前もって資料を送付いただくか
  メールなど、文章でいただくと
  スムーズに返事が出来ます。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影