ブログ

事例274(制震装置のビス施工忘れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日も検査4件行ってきました。
 
  検査に行ったあとは
  書類作成の仕事が待っています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「制震装置のビス施工忘れ」
 ________________________
 
 274
  

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 
 制震装置のビス施工忘れ。
 
 これでは100%機能を発揮しない。

 
 ◆内容説明
 
 
 地震時の揺れを軽減する「制震装置」
 
 軽量鉄骨や木造住宅の現場で
 最近、時々見かけます。
 
 
 基礎の下へ設置する
 「免震装置」よりは安価ですが
 
 それでも
 追加金額を払って取り付けるもの、
 
 
 きちんと施工して欲しいです。
 
 
 
 ◆対策
 
 本例の場合。
 ビスが正面から見えない箇所にあった。
 
 重要なビス類は、職人さん任せにせずに
 検査することが大事です。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 先週、完成物件の検査で
 畳をあげたら、
 
  畳の裏側に「カビ」が生えていた。
 
 
 原因は下地合板の濡れ。
 
  工事中、雨養生のため、
  床に貼ったビニールの下に
 
  雨が入り込んだ。
 
 
 このビニールを剥がしたのが
  完成直前だったため、
  合板が乾いていなかった。
 
 
 「カビ」は健康を害します。
 
 
 多少、雨で濡れることは仕方がないとしても
 材料が濡れた場合は早期に乾燥させることが大切。
 
 
 もうすぐ入梅、
  雨が気がかりな時期です。
 

  
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング

 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影