ブログ

事例292(勝手な廃材利用)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日も暑そう。
 
 これから現場4件、検査に行ってきます。
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「勝手な廃材利用」
 ________________________
 
 292

 

 
 
 ◆写真解説
 
 切り欠きされた廃材が
  屋根裏の梁に使われている。

 
 ◆内容説明
 
 断面欠損のある材料を使われた。
 
 
 写真は2階の梁。
 屋根荷重はかかっていないが
 梁下部などに切り欠きがあれば、
 ないものよりも弱くなる。
 
 
 この家はわざと古い材料を
 再使用したケースではない。
 
 コストダウンのための勝手な使用なら
 悪質です。
 
 
 ◆対策
 
 よくある例ではありません。
 
 工事中、現場にあまり行かないと
 このような例に気づかない可能性もあります。
 
 
==========================

■(2)編集後記

 先回、家を購入したあと、
 何かあったらということを書いた。
 
 その翌日、何かあってしまった人からメールを頂いた。
 詳しく書けないが、購入時には予測できないことが起きてしまい、
 転居を検討している。
 
 
 転居する場合、賃貸であれば引越すだけで済み
 損害は多額にはならないが、
 
 持ち家だと簡単ではない。
 
 
 
 欠陥住宅をつかむ以外にも、
 自分で予想できないことが起きる可能性はある。
 
 例えば
 
 ・離婚(確率は10組中3~4組)
 ・近隣とのトラブル。
 ・長期の転勤。
 ・ローンが払えない。
 ・シックハウスの発症。 など
 
 
 
 私は7年前に土地を買い、家を建てています。
 賃貸の方が気が楽だと、今は思います。
 
 しかし、ぎりぎりのコストダウンで建てられた
 賃貸物件は、なかなかいいものがない。
 
 賃貸と持ち家、
 質の格差がある限りどちらがいいとは
 一概には言えません。
 
 
 予想できないリスクに備えることは難しいが
 ある程度のゆとりを持って買うのと、ぎりぎりで買うのでは
 何かあったときの対処に差が出ます。
 
 
 
 このブログはまぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキング
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る