ブログ

事例316(梁の固定不良)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週木曜発売の「週刊文春」に注目!
 
 多くの方がおかしいと思っている
  あの住宅番組の記事が載る。
 
 
 人気長寿番組もこれで終わりか?
 
 記事の反響によってはありうるかも。
 発売日が楽しみです。
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「梁の固定不良」
 ________________________
 
 316

 

 

 
 ◆写真解説
 
 梁端部の緊結不良。
 
 柱を切り欠いて梁を受けているが、
 半分しか載ってない。
 
 また、金物による固定もなく、
 大地震時には外れてしまうだろう。
 
 
 ◆内容説明
 
 完成済みの検査で見つけた事例。
 
 見るからに不安定な状態。
 金物で固定されていないため、
 ただ、置いてある状態。
 
 梁などの構造材の端部は
 金物などで「緊結」しないとダメです。
 
 
 業者は、力がかからない梁で
 問題ないと言い訳しましたが、
 
 それは上からの荷重がかからないことで
 水平力は受ける。
 
 
 ◆対策
 
 行き当たりばったりな計画が
 今回の例を招いたと思う。
 
 図面をきちんとチェックすればミスは減ります。
 
 また、あとからでも
 金物付けや補強ができるので、
 
 ミスを見つける検査が重要です。
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 先週末、築13年ほどの建物の外壁を点検しました。
 
 この建物は鉄筋コンクリート造で
 一見するときれいな建物。
 
 それでも足場に上り、近くから見ると、
 屋根を中心に外壁など、かなりの劣化箇所を発見。
 
 
 現在、長期優良住宅、200年住宅などがありますが
 特に紫外線や雨が当たる箇所では
 30年、50年もそのままでいいと
 いうことはありません。
 
 
 建物を長持ちさせるには
 点検、補修が大事だと改めて実感しました。
 
 
 
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ポチっと応援、お願いします!

 人気ブログランキングへ
 
 
長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影