ブログ

事例242(シロアリ発見)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 事務所のBGMはFMが多いです。
 
 仕事していると音楽や話は耳に入りませんが
 ないと静かすぎて落ち着きません。
 
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「シロアリ発見」
 ________________________
 
 242
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 中古住宅購入前検査、
 床下でシロアリ発見。
 
 木の内部を食っているため
 よく見ないとわからない。

 
 
 ◆内容説明
 
 中古住宅を業者が買い取り
 きれいに改装して売りに出していた物件。
 
 
 業者は「シロアリはいなかった」と説明していたが
 検査の結果、床下でシロアリを発見。
 
 
 シロアリ被害がひどい箇所だけは
 木材の交換をしたあともあり
 
 わかっていながら隠蔽した事が発覚。
 
 
 表面だけを見て購入判断することは危険です。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 年数が新しい中古住宅でも
 床下などを点検してから買うことが大事。
 
 できたら家全体をきちんと調べましょう。
 

 
==========================

■(2)編集後記

 
 トヨタのプリウス問題対応で
 マスコミ、世間の批判は非常に厳しいと感じます。
 
 こう思うのは、自分が住宅業界にいるためでしょう。
 
 
 住宅も人の命にかかわるものなのに、この業界は
 
  「隠蔽、偽装、手抜き」が
  
 一部では当たり前に行われています。
 
 
 「顧客の視点欠如」 なんて
  
   契約後は当たり前。
 
 
 今週私がかかわったことだけでも
 
  自らの利益を守るために
  重大瑕疵をそのまま「無かったこと」にしようとする
  業者、建築士。
 
 
  施主が現場に不安を感じているにもかかわらず
  第三者検査を拒否する大手ハウスメーカー。
 
 
  数多くの瑕疵があるのに
  指摘なしと判断した「民間確認検査機関」
 
 
 
 本当にあきれるばかり
 
 
 自動車と住宅の違いって何なんでしょうか?
 
 
 
 今、事実に基づき
 建築士や施工業者の悪行を記録に残す動きがあります。
 
 
 名前がブラックリストに載ってから焦らないように
 「顧客の視点」で品質向上に取り組んで欲しいですね。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影