ブログ

事例224(筋交いの切断)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は暖かいですね。
 窓を開けて、午前中書類作成しています。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「筋交いの切断」
 ________________________
 
 224
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 筋交いの切断。
 階段下で筋交いが付くには最初から無理があった。
 設計ミスによるもの。
 
 
 ◆内容説明
 
 階段と筋交いが干渉。
 
 筋交いの上部を切断し階段をつけた。
 
 
 図面を書くとき、
 立体的に考えないとこのようなミスは起きる。
 
 大工さんが階段をつけるまで
 筋交いが付いていたところ見ると
 
 だれも事前に
 間違いに気が付かなかったようです。
 

 
 ◆対策
 
 間違えても別の場所へ筋交いを移すなど
 リカバーできればよいが
 
 事前に図面の段階で気が付くほうが当然よいです。
 
 階段周りは頭の中で立体的に考えてチェックすべきです。
 
 
 
===========================

■(2)編集後記

 
 先月末くらいから問題処理の仕事が
 急増しています。
 
 簡単に解決するものもあれば
 かなりの難問もあります。
 
 
 私自身、問題の大小にかかわらず
 なぜ、問題が起きたのか
 分析してみるようにしています。
 
 それをまとめると
 
 一番の原因は「予見」ができていない。
 
 
 予見は簡単ではありません。
 私も元々は設計や施工する立場でしたが
 当事者になるとなかなか気が付かないと思います。
 
 これからもデータを集め
 予防に有効な方法をもっと分析したいです。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影