ブログ

事例166(シロアリの通り道)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 私のGWは4連休でした。
 メールのチェックもせず、
 日常業務から完全に離れました。
 
 普段のマンネリ化した生活サイクルを
 外してみるのもいいですね。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「シロアリの通り道」
 ________________________
 
 166

  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 シロアリの蟻道。
 光を嫌うシロアリは木屑などでトンネルを造って
 基礎表面を上にあがる。
 床下でこれを見つけたら確実にシロアリがいる。
 
 
 ◆内容説明
 
 床下で発見した蟻道。
 この上の躯体で被害箇所を発見。
 
 シロアリの調査をするときは
 木の表面を叩きます。
 
 この蟻道と同じで
 光にあたらない内部を食べるからです。
 
 表面を見ているだけでは見落とすこともあります。
 
 
 シロアリは湿気った木を好んで食べます。
 
  雨漏り
  結露
  水漏れ
 
 この状況があるとどこからともなくやってきます。
 
 これらには注意が必要です。
 
 
 ◆対策
 
 最近の家の基礎はベタ基礎が多く
 昔に比べますと床下も湿気ません。
 
 それでも、壁内結露などわかりにくいものがあるので
 定期的な点検をお薦めします。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影