ブログ

事例195(クーラー配管で筋交いを切り欠く)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 初秋を感じる今週
 
 今日も現場で涼しさを実感できました。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「クーラー配管で筋交いを切り欠く 」
 ________________________
 
 195

  
 
 ◆写真解説  ↑クリックすると拡大します
 
 クーラー配管を優先し、筋交いを切り欠いた。
 軽微であっても耐力低下につながる切り欠きはNG。

 
 ◆内容説明
 
 筋交いの切り欠きについては
 今まで何度か事例として出しました。
 
 今回は家電屋さんがクーラー配管を通す際に
 切り欠いた例。
 写真は壁を撤去し、補強工事を行う前の写真です。
 
 
 壁の中の筋交いは目視できないため
 穴を貫通させる際に
 勘だけに頼ると、
 このようなことも起きてしまいます。
 
 
 ◆対策
 
 あらかじめスリーブを入れておくか
 あと施工の場合は筋交い位置をきちんと確認し
 慎重に工事することです。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 ちょっとした細部の品質に瑕疵があり
 紛争になっていることが珍しくありません。
 
 住宅は施主をひき付けるため、品質より
 見た目、デザインが優先されがちです。
 
 最近の消費傾向を見ていると
 品質を重視する傾向にあると私は思います。
 このような経済状況下で、
 物を長持ちさせたいという理由があるのでしょうか。
 
 
 例えば、トヨタのプリウス
 購入理由の一番はやはり性能、品質。
 まわりで購入した方は
 デザインは気に入ってないけどと言っていました。
 
 
 住宅はいろいろな材料、人がかかわり造るもので
 細部の品質管理は難しいと思いますが、
 
 見た目だけでなく品質にも目を向けて欲しいと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影