ブログ

事例188(アンカーボルトの出)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日、足が痛くなり
 夕方、病院へ行きました。
 
 原因は過度に動いたためですが
 間接的な原因は 
     運動不足とストレス
 
 ちょっと仕事のペースを考えようと
 思っていたところ・・
 
 先にガタが体に出てしまいました。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「アンカーボルトの出」
 ________________________
 
 188
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 アンカーボルトのねじ山が
 ナットから出ていない。緊結不足。
 
 
 ◆内容説明
 
 土台と基礎を緊結するアンカーボルト
 
 ナットからの出は3山以上出るようにと
 公庫仕様書に記載があります。
 
 
 基礎施工時、
 アンカーボルトの埋込みがいい加減ですと
 今回のような例は起きやすいです。
 
 
 ◆対策
 
 コンクリート打設前にアンカーボルトを
 セットすることは当たり前として
 
 アンカーボルトの高さも測量機械で
 全数チェックすること。
 
  
===========================

■(2)編集後記

 
  「建売ですから・・」
 
 私がこの前検査のとき、現場で業者さんから聞いて
 非常に印象に残っている言葉。
 
 注文住宅と建売住宅
 
 同じ新築の品質で何が違うんでしょうか?
 
 
 きっと販売している人たちがそのように思っているだけで
 買う人や検査する私たちにとっては同じ新築です。
 
 「訳あり品ですから」
 「特価品ですから」
 
 これらと同じような意味で何となく使っているんでしょう。
 
 販売するほうがこんな気持ちですと
 いい家はできにくいですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影