ブログ

事例147(掘削不足による基礎寸法未確保)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 事務所の裏で木造住宅の解体工事が
 昨日より始まりました。
 
 普段は建てるほうばかり見ているので
 反対の作業を見るのはなぜか新鮮に感じます。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「掘削不足による基礎寸法未確保」
 ________________________
 
 147

  
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 基礎鉄筋のコンクリートかぶり不足。
 ビニールシートと鉄筋が付いて
 コンクリートがまわらない。
 当然、基礎幅も不足する。

 ◆内容説明
 
 写真の部分はベタ基礎の外周部
 
 建物と地盤にやや高低差があり
 基礎の立ち上がりを高くしている
 「高基礎」と言われる部分。
 
 高基礎のこの部分
 結構、この現象が多いです。
 
 土を削る時に
 削る範囲が不足しがちです。
 
 
 削りすぎるとコンクリートが
 たくさん入るので位置を出し、
 勘も頼りに土を削りますが
 ぎりぎり過ぎると規定のかぶり、
 基礎幅が取れなくなります。
 
 
 規定のかぶり、幅が取れないと
 強度および耐久性に影響します。
 
 
 この現象は鉄筋を組んだときに
 気が付くため、すでに土を削り終えて
 防湿シートを敷いた状態では
 あと戻りが面倒で
 そのままにされたと思います。
 
 
 ◆対策
 
 コンクリートを流し込む前の検査で
 発見できます。

========================

■(2)編集後記

 セミナーのご案内

 3月7日(土)横浜市中区でセミナーに参加します。
 
 セミナーと言いましても少人数対象で
 気軽な感じでお話します。
 
 関東方面の方は名古屋の事務所まで来て
 話しを聞いたり、相談することは不可能で
 滅多にないチャンスです。
 
 主催は横浜の住宅検査セイソクさんで
 私が話す内容は1時間程度
 
 
 セミナーの内容は
 日常業務から多くの現場、メーカーを見ている
 進藤氏および私が巷であふれている
 住宅情報を整理して実際はどうなのかお伝えします。

 当然、ホームページやメルマガなどで
 書けない内容も含め真実を教えます。
 トラブルにならないためには
 業者を見極め、嘘を見抜く事が大事。
 
 セミナーに参加すれば
 すぐに使える「相手を見極める10の質問」などを
 知ることができます。
 
 
 セミナー時間は 13時30分~16時 私はこの中の1時間
 
 会場は 横浜技能文化会館 http://gibun.jp/gibun/index.html
 
 参加費 1人 500円(資料代)ですが
     主催者の好意で無料にしてもらいました。
 
 定員 28名
 
 
 参加申し込みは 当社又は住宅検査セイソクまで
 
  TEL 045-567-2866 (10時~22時 無休)
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影