ブログ

事例193(床束の隙間)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 明日、一日予定が詰まっているので
 月曜ですが前もって発行します。

 昨日、検査1件行きましたが
 本格的には今日から仕事開始。
 
 メールチェックに半日つぶれました。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「床束の隙間 」
 ________________________
 
 193
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 1階床束緊結不備。
 大引きを受ける部分が斜めに取り付けられ
 隙間ができている。
 
 
 ◆内容説明
 
 家全体で写真のような現象があり。
 
 留めつけビスが不足している上に
 鋼製束自体が斜めになっている。
 
 なぜ斜めに付いているのかはわかりません
 このような例は初めて見ました。
 
 相当、急いで工事したのでしょうか。
 
 
 ◆対策
 
 床下点検口からあとからでも確認可能です。
 
 床下に潜って確認したくなければ
 施工中に検査すべきでしょう。
 
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 お盆休みの15日
 高速の大渋滞にはまり
 
 約160KMの距離に4時間かかりました。
 
 私の仕事は、皆さんが休み時にしか
 なかなか連続した休みが取れません。
 
 どこか遠方へ車で行こうと思えば仕方ないですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影