ブログ

欠陥住宅事例60

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『雨漏りかもしれない』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・「表面に出てこない雨漏り」
  _________________________
 
 60

 

  写真解説:サーモグラフィーカメラで天井を
        撮影した写真。左側の「青い丸」
        の部分は表面ではわからない
        雨漏りの疑い。

 雨漏りでもほんの少ししか漏っていない場合
 建材や木が水を吸って表面に出ません。
 
 昨年夏、処理した現場も雨漏りが表面に出てきたのは
 完成してから3年後でした。
 別の現場で6年後の発覚という例もありました。
 
 
 また、雨漏りで壁のクロスにカビが発生したのが
 完成後10年過ぎていて、内部を見ると木が完全に
 腐っていた例もあります。
 
 
 発覚が遅ければ遅いほど木が腐る可能性は高い
 
 なぜか?
 
 木は水分を保有すると腐朽菌の活動が活発になり
 時間が経てば腐りが進行するからです。
 
 腐った木は燃えたように黒くなり、手で触ると
 ボロボロと削れます。
 
 
 木造だけでなく他構造でも
 この表面に見えない
 雨漏りの危険性はあります。
 
 10年保証があるうちに発見しないと自費補修に
 なるので保証のまもなく切れる方注意して
 家を点検しましょう。

 
 
 ◆対策
 
 雨漏りに100%の対策はありません
 設計上、施工上の問題要因が多いからです。
 
 ・漏りやすい屋根形状、プランにしない。
 ・軒を出す。(軒のない家の雨漏り確率は高いそうです)
 ・防水下地をきちんと施工
 
 
 新築の場合10年間の瑕疵担保責任期間が
 あるので内外壁の変位に早く気が付くことです。
 
 サーモグラフィーカメラも発見に有効ですが
 これも状況によって映らないこともあります。
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影