ブログ

欠陥住宅事例63

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今回の事例は
 写真を見れば誰でも「おかしい」とわかることです。
  
 
■今回の事例____________________
 
 ・「土台」の大きな欠損
  ________________________
 
 63

 写真解説:土台に配管を貫通させている。
 
 今回はあまり解説するまでもないでしょう。
 
 ここまで穴をあけてしまったら
 
 構造材としての機能はありません。
 
 
 
 土台については前にも何度か説明していると
 思いますが
 
 基礎と木躯体をつなぐ重要な部分で
 もちろん、地震時には大きな力がかかります。
 こんな穴が開いていれば、大地震時には
 その部分は破壊されるでしょう。
 
 
 
 今回、穴を開けたのは「水道屋」です。
 
 私の想像では
 
 水道屋は悪いと知っていながら、
 配管を通す場所を他に考えられず、
 
 監督に連絡し、相談する手間を省き
 土台に穴をあけたと想像します。
 
 
 当然上からは見えないため
 現場にいる大工さん、監督、施主さんも気が付きません。
 
 暗い、埃まみれの床下を「ほふく前進」しないと
 この部分を見ることはできません。
 
 きっと「ばれない」と思ったのでしょう。

 
 ◆対策
 
 住宅においては特に設備設計を細かく行なう事は
 通常、ありません。
 
 細かい配管経路などは設備屋任せの場合が大半です。
 
 良い設備屋に当たれば心配ありませんが
 自分で選ぶ事は不可能です。
 
 監督さんや設計者はあまり気にしていないため
 配管の経路など、事前に確認すると良いでしょう。
 そうすれば多少でも監督が考え、
 ミスを防げる確率大です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影