ブログ

欠陥住宅事例115(シャブコン)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今日は仙台にいます。昨日は東京。
 共に人前でのプレゼン、セミナー。
 最近、やっていないのでぎこちなかったです。
 
 
 
■ 今回の事例_________________
 
 ・「シャブコン」
  ______________________
 
 115

 

 写真解説:最初は柔らかいコンクリートをポンプ
      のホースへ通す。写真は基礎の中に
      入れようとして外へ捨てさせている状況。

 
 生コン※を現場で生コン車から基礎内に運ぶのに
 
 「ポンプ車」で圧送します。
 
 (※生コンはまだ固まっていないコンクリートのこと)
 
 
 このポンプ車 
 最初に圧送するホース内を湿らせる
 ために現場で水を混ぜてやわらかくした
 コンクリートを少量通します。
 
 
 これ自体は問題ないのですが
 
 この水が大量に混ざったコンクリート
     ・・いわゆる「シャブコン」
     
 捨て場が無く基礎内に入れられる
 ケースがほとんどです。
 
 少量だから問題ない
 捨て場がないという言い訳を良く聞きますが
  
 やはりNGです。
  
 
 少量だから大丈夫という言い訳は通じない時代です。
 
 消費者の意識が「偽装事件」の連発で変わってきました。
 
 食品で賞味期限を1日過ぎても大丈夫、まだ腐らない
 と思うのが造る側の本音。
 
 1日でも過ぎたらダメというのが消費者の意識。
 
 
 何事も余裕がなくなってきている。
 「だいたい」でなくきちんと線引きする時代。
 
 業者側も、今起きている偽装事件を
 ひと事と考えていると
 明日は我が身に降りかかるでしょう。
 
  
 
 ◆対策
 
 これは結構、当たり前の行為になっている。
 
 前もって注意するか
 現場で監視するしかありません。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る