ブログ

欠陥住宅事例83

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
  木躯体 雨ざらし
 
 ~雨の中、材料を運搬
 
 
■今回の事例__________________
 
 ・「2×4パネルの濡れ」
  ______________________
 
 83

 
 
 
 写真解説:大雨の中2×4パネルを運搬するトラック

 10日(土)、東名阪道を走行中に撮影しました。
 時間は14時頃でしょうか?
 
 
 積んでいるのは2×4の壁パネルです。
 もちろん全て木材で構成されていて
 濡らしていいものではありません。
 
 
 なぜ、雨の中運搬しているのでしょうか?
 
 この日は雨の降りも強く
 現場作業はしていないはずです。
 
 
 
 これから梅雨時期に入りますと
 躯体木部の雨による濡れの問題が増えます。
 
 養生に限界がありますし、多少は
 仕方がないですが、
 故意に濡らすのは悪質です。
 
 
  誰もが自分の家でしたら嫌でしょう。
  
 
 業者とお客さんの意識のギャップを常に感じます。
 
 今回の例はまさにそうです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 躯体建て方時
 雨天による 作業判断 や 養生の指示
 
 監督さんへしっかりお願いしておいた方が良いです。
 
 
 何も言わなくてもしっかりやってくれる人もいますが
 やはり性格によります。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る