ブログ

欠陥住宅事例33

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『アンカーボルトのズレ』を紹介します。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・基礎と躯体をつなぐ重要な役割のアンカーボルトが
  横にズレた例です。
  
  ________________________
 
 33
 
 

 
 鉄骨造のアンカーボルトはほとんどズレが許されません
 
 それは工場で穴をあけてくるため、ズレていると
 部材が入りません。
 
 
 しかし、木造は現場でアンカーボルトに合わせて木に
 穴をあけるためズレていても納まります。
 
 基礎工事の際、鉄筋が中心にいるとアンカーボルトが
 鉄筋に当たり、中心に入らないことあるなど
 施工事情を考えると許容範囲は仕方ありません。
 
 
 この許容範囲なのですが
 公庫基準など公的なものには記載がありません。
 
 
 力のかかる具合がいろいろで一概に言えないからでしょう。
 
 
 しかし、写真のようなズレは力のかかる部分であれば
 明らかにダメです。
 
 
 
 ◆対策
 
 やはり、コンクリートを流す前にアンカーボルトを
 設置しておくことと、
 
 監督さんの確認につきます。
 
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影