ブログ

欠陥住宅事例35

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『違法ビスの使用』を紹介します。
 
 
■今回の事例____________________

 ・内部の耐力壁(地震や風の力に働く壁)に
  強度の認定を受けていないビスを使っていた。
  
  
  ________________________
 
 35

 
 写真はビスの梱包で、強度の認定を受けていると
 その表示が必ずありますし、ビス頭にも実は記しがあるんです。
 
 
 だた、私のように検査をする立場でないとわからないでしょう。
 
 
 たまたまですが2日連続、別の会社ですがこの事例が発覚!

 間違いやすい強度的に影響のある事例です。
 
 
 
 耐力壁、今回は内部の石膏ボード壁でしたが
 強度を出すためにはボードを留めるビスのピッチが
 定められているとともに、国の強度認定を通った
 ビス又は指定の釘しか使えません。
 
 今回の事例は違法で強度不足ということから2件とも
 是正を求めました。使ったビスは何千本という単位で
 かなり大変な作業です。ユニットバスもバラシます。
 
 
 
 
 最近、内部のボード類は釘ではなくほとんどビス留めの
 会社が多いです。
 (一部の大手メーカーで今だに釘打ちもありますが)
 
 
 理由は?
 
 
 たぶん、釘のように後から浮いてくる可能性が
 ほとんどないために仕上げのクレームになり
 にくいためでしょう。
 
 あとは、中越地震でも事例が発表されましたが
 釘留めは地震で釘が浮いてくるようです。
 
 
 いろいろな用途に使われるため、ビスの多くは
 この認定を受けたものではありません。
 大工さんが知らずに買うことが今回の原因です。
 
 
 
 ◆対策
 
 今回の事例は2×4住宅で気をつけてください。
 他の構造体はあまり関係ありません。
 
 
 大手メーカー以外で建てられる方は
 専門家にチェックを頼むかこの話を覚えていて自分でチェック
 するしかありません。
 
 誰かが気が付かないと知らずに完成し耐震強度が不足した家に
 住んでしまうでしょう。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影