ブログ

事実のとらえ方

検査のジャッジは非常に事実のとらえ方が難しいです。

建築基準法であっても法律文の解釈はいろいろできる
ものもあります。ですからマニュアルだけに頼っては
プロの検査はできません。

今日、このことを書こうと思ったきっかけは
「床下木部の防蟻処理について」でした

bougi

防蟻処理は公庫仕様に記載がありますがあまり
明確ではありません。

写真のように木部の下が塗られてなくても
(オレンジ色が防蟻処理材、最近は透明が多い)

業者はOK・・職人には下は塗りにくいから塗らなくても
いいと指示しているそうです。顧客に対しては
5年保証しているから何かあれば保証するのでという
説明です。

これをお客様側が意見すると
シロアリは下から上がるし、湿気も下から上がるので
木部の下側が重要だと言うでしょう。

これを読んでいる方もきっと判断はすぐ付くと思います。
ただし、業者の言い分は違うのです。

事実は多面性があり見る立場が違えば見え方はかわります。
また、この件は事実というよりはそれぞれの「意見」であり
解決は容易ではなさそうです。

この件に限らずすべてほとんどこういう感じです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る