ブログ

欠陥住宅事例18

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回は「筋交い端部の金物の不備」を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・筋交いの端部に必ず取り付ける金物が
  間違って付いている(平成12年告示1460号に違反)
   
 __________________________
 
 18

 
 
 写真を見て頂くとわかりますが
 柱側に固定させる面が反対になって付けられた状態です。
 (見える範囲で2ヶ所ありました)
 
 
 大工さんはどうしてこんな事をしたのか?
 大工さんならこの金物の重要性がわかっているはずです。
 
 
 実は柱側に他の金物があり干渉して付かないため
 反対に取り付けたようです。
 完全な確信犯です。
 
 
 
 この金物が平成12年に法律化された一番の理由は
 平成7年の阪神淡路大震災で筋交いの端部の固定が釘だけの
 家は筋交いが外れ倒壊の原因となったからです。
 
 平成7年前でも公庫仕様書には現法律と同様な記載がされて
 いましたが、建築基準法では「端部を緊結」という程度の
 表現であっため全て適用させるため法律化されました。
 それほど重要な部分です。
 
 
 
 見てすぐわかるような不備、それも重要な部分で
 なぜ、そのままになってしまうのでしょう?
 
 
 それは監督、役所が見ていないからです。
 実はこの家市役所の中間検査に合格しています。
 
 中間検査は躯体が立ち上がり、筋交い、金物が完了した頃に
 受ける行政の検査です。
 木造では筋交いの数、位置、金物を見ることが
 重要なのにこれで合格しているとは見ていない証拠です。
 
 
 今年の6月20日以降、行政は少し厳しく見るようです。
 

 ◆対策
 
 木造住宅の金物のチェックは
 計算根拠と現場をきちんとチェックする必要があります。
 
 ビス類の数も多く、この部分は2重、3重(行政、監督
 第三者など)のチェックをしても良いでしょう。
 そして必ず全数チェックする事です

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影