ブログ

欠陥住宅事例39

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『防水テープ施工の不手際』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________
 
 ・防水のためのテープを窓廻りに貼っても
   上から押さえないために密着せず機能を果たさない。
  
  _________________________
 
 39

 
 
 写真は少しわかりにくいかもしれませんが、
 建物の外装仕上げ材の下は防水紙という防水と透湿の機能を
 持った紙を貼ります。
 
 
 外装材はジョイント部や目地、コーキング部などから
 雨が入る可能性があり、防水紙は防水の最後の砦として
 非常に重要な役割です。
 
 
 ただ、防水紙も窓や配管部分は切れてしまうため
 その箇所の廻りには防水テープを貼らないとダメです。

 写真のようにテープ自体を抑えないと密着しないため
 隙間が出来て意味がありません。
 
 
 職人の手で防水紙とテープを押さえない限り、
 そのまま仕上がり一生密着しないままです。
 
 
 窓廻りは雨漏りしやすい箇所の1つです。
 ちょっとの事で被害が大きくなるため
 検査でも特に注意する箇所の1つです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 外装職人のだけの確認でなく
 監督や第三者のチェックが必要。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る