ブログ

欠陥住宅事例42

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
   『排水工事の不備』を紹介します。
 
 
■今回の事例_____________________

 ・洗濯排水の床下接続部で下水からの臭気を防ぐ措置
  をしていない。
  
  _________________________
 
 42

 
 
 今回の事例は構造的などと違い重大ではないですが
 良くある例でありまた、浄化槽でなく下水の場合
 虫も入ってくるので取り上げました。
 
 先週、この写真の現場ではありませんが、トイレ内
 の手洗いの接続部に隙間があり、そこから虫が入り
 虫だらけ(約50匹以上)の現場を見ました。
 
 これは気持ち悪かったです。
 あまりの気持ち悪さに写真を撮り忘れました。
 
 
 
 
 下水管の臭いははっきり言ってくさいです。
 トイレの排水、流しの排水が流れるので当然です。
 
 
 この臭いが部屋内に上がらないように設備機器には
 S字など「くにゃ」っと曲がった形状の「トラップ」
 が排水管の途中についています。
 
 あとは水道業者が接続口をきちんとすれば良いですが
 この部分のキャップが緩いとか、簡単なテープ巻き
 だけという事例がよくあります。
 
 
 部屋内でくさいと思ったらまず、今回の事例のような
 下水の臭気を疑ってください。
 
 
 
 ◆対策
 
 最近の設備機器は排水接続部にカバーがあり
 外すのが困難で検査時に見れないことが大半です。
 
 職人に任せるしかありませんが、入居後に臭いを確認
 することが良いでしょう。

☆メルマガ登録のお薦め
ブログではその日の話題を取り上げる編集後記を
通常載せません(話題が古くなるため)
編集後記も面白い情報があります。
是非、ホームページからメルマガ登録してください。
  https://www.ie-kensa.com
※まぐまぐを利用しているのでご本人の情報はこちらは
 把握できないため安心です。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影