ブログ

号外4  いい現場の「簡易見分法」

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 今回はいつもの欠陥事例紹介とは違った内容を
 お伝えします。
 
 
 「問題のありそうな現場の簡単な見分け方」
 
 
 私は今まで検査を850件以上行ってきた経験上から
 検査をする前に現場を見た瞬間、現場の出来を想像する事が
 できます。
 
 
 これはほぼ 「はずれ」 ません。
 
 
 最後まで読むと当たり前のこととわかりますが
 あらためて言われると納得できる事です。
 
 
 
 
 まずは【基礎工事】ですが
 
 ○「鉄筋がぱっと見てきれいに組んである」
 
  斜めになっていたり、バラバラな感じがしない
  
  
 ○「地面と鉄筋のかぶり(地面からの離れ)が規定の6CM以上
  きちんと取れている。」
  
  地盤の水平を出すのは非常に手間です、手がおろそかな職人
  はかぶりの確保がまずできません。
  
  
 次に【大工工事】
 
 ○内部の材料の整理整頓、清掃状況がきれい
 
 ○釘やビスの打ち方がきれい
  
 
 これらは「几帳面さ」が出る箇所です。
 腕もありますが几帳面な性格が仕事全体に表れます。
 
 
 
 ここまで読んでいただいたらわかったと思いますが
 職人の几帳面さを見れば問題がありそうかどうかがわかるんです。
 
 一部だけ几帳面という事はまずありません。
 几帳面な職人は完璧主義の人が多いです。
 
 この反対の汚い現場でいい仕事はほとんど見ません。
 
 
 
 今後の参考にしてみてください。
 
 ただ、基準を知らないなどの無知な場合は問題があるので
 この点を注意すればよりいいです。
 (第三者検査などでカバーする事をお薦めします)
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影