ブログ

欠陥住宅事例23

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今回は「換気扇接続外れ」を紹介します。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・ユニットバスの換気扇、接続部で外れている
 
  _______________________
 
 23
 

 
 今回の事例は構造的なものではなくそれ自体たいした事が
 なさそうなものですがそのままにしておくと
 浴室の湿気が外へ出ずに内部へ排出され
 躯体を腐らせたりする恐れがある内容です。
 
 
 台所の換気扇は外れていれば臭いでわかりますが
 浴室は臭いがしないため気が付かず、大量の湿気が
 部屋内部へ溜まり木造などはカビ、鉄骨は錆びが
 発生します。
 特に高気密住宅で壁内通気がない家は躯体が早期に
 腐る恐れがあります。
 
 
 このような事例はユニットバスの天井にある
 四角の点検口をあけて踏み台を持ってきて顔を
 入れればわかりますが
 めったに見る箇所でなくいつまでも
 気が付く事がないでしょう。
 
 
 
 今回のような例がどのくらいあるのでしょうか?
 
 データは取っていませんが私の経験上
 100件に1~2件くらいはあります。
 
 
 
 

 ◆対策
 
 やはり完成時にこの部分をのぞいて見るか
 最初大丈夫でも生活をはじめて実際に動かして外れる
こともあるので定期的に自分で点検するしかないでしょう。
 
 現在、自分で行なう定期点検マニュアルのようなものを
 作っています。できましたら無償でダウンロードできるよう
にしますし、検査依頼のお客様へ入居後時期を見て発送予定
です

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影