ブログ

欠陥住宅事例10

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 先週行った2×4の躯体検査の事例を紹介いたします。
 
 
 
■今回の事例_______________________
 
 ・電気屋さんによる
    2階床根太(床を受ける木材)の穴あけ不備
 
 □2階の床根太 「部分的に集中して穴を開けた」
   
   __________________________
 10

 穴の上下の位置は良いですが、穴同士が接近して
 開いているのがNGです。(この部分が弱くなる)
 
 基準は梁の高さ以上(今回240mm)穴を離すことです。
 
 
 
 2×4の検査をする上で私が参考にしているものは
 公庫が出している2×4の基準が書かれた本 数冊です。
 
 
 今回の事例のように原因が電気屋さんによる場合
 電気屋さんがこのような基準書を見ているかというと
 
 
 まず、ほとんどの電気屋さんは見たこともないでしょう。
 
 断言できます。
 
 
 2×4専門の電気屋さんか三井ホームさんなどであらかじめ
 指導を受けた電気屋さんでない限り2×4の基準は
 知らないです。
 
 
 大工さんも自分の仕事の基準以外は気がないため
 電気屋さんが間違って穴を開けた箇所を見た場合、
 頭の中では「この部分弱くなりそうだ」と思っても
 口には出さずに終わってしまうでしょう。
 
 大工さんがボードを張ればこの部分は隠蔽され
 誰も後から見れなくなります。
 
 
 ◆このような場合の対策
 
 電気屋さんに限らず水道屋さんなども同じケースですが
 
 設計者や監督がチェックをしっかりする事でしょう。
 職人任せはダメです。
 
 
 木造住宅はとかく基礎や大工さんが重要だと考えて
 しまいますが
 現場に入る全ての職人さん全ての仕事が大事です。
 
 ちなみに私は通常、断熱材検査の段階で設備屋さんの
 仕事をチェックします。
 
 

============================

今回で10回目のメルマガ発行です。
まだ、始めて1ヶ月も経っていませんが早めに
10回目を迎えました。

今月基礎のチェックシートを一部修正、追加したため
PDFデータでダウンロードし公開いたします。
(検査の最後にお客様には記載に渡しておりますが公開
 は初です明日以降スタートのお客様に使う新しいものです)

「メルマガ読者限定のためバックナンバーでは表示しません」
  
 公開期限は7月15日です。知識として参考にしてください。
 (基本的に公庫基準を取り入れています)
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影