ブログ

欠陥の定義

今日までいい天気で明日からは梅雨入りに
なるのでしょうか

これから基礎の検査が増えてくるため
予定がズレそうです。

私はいつも欠陥の定義は難しいと言っておりますが
欠陥住宅被害東海ネットのHPから欠陥の定義文を引用します。

「欠陥」とは、①契約違反、②基準法等建築関係法令に抵触、
③一般に使用している技術基準に抵触、することです。

皆さんが読んでおわかりになったでしょうか?

上記にはどこまでとか範囲などが書かれていません。
結局判断は難しいと言う事です。

最近また、欠陥住宅の相談が増えています。
私の判断で方針を決めていくケースが多く、責任の重さを
感じています。

依頼者によっては絶対に戦うべきなのにあきらめてしまう
方も見えて、気持ちのバックアップも積極的に行なって
います。

反対に依頼者が戦う気100%でも負けの確率が90%という
事例などは理解してもらう説明に苦労します。

最近は法改正が少し話題になってますが
構造的な図面上での欠陥は減ると思いますが
現場での事は今までの変わらないでしょう。

あるメーカーさんは当社がここ数年検査した中で
100%欠陥住宅です(構造の法律違反)
ただ、見た現場の救いは工事中の検査を依頼されているので
欠陥箇所を確実に直し完成していることです。

当社のような検査会社が入っていない現場は
構造欠陥の可能性が高いです。(延べ千棟~?)

コムスンが今叩かれていますが、この会社も似たような
体質だと思います。
「買ってはいけない」という本に載せて欲しいです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影