ブログ

構造金物がきちんと付いていない可能性

平成12年の法改正で、木造住宅では構造金物の施工が必要になった。
大地震時に柱などが抜けないようにするためで、耐震性に影響します。
構造金物
検査で今まで、数多くの金物不備を指摘してきました。
業者が無知で未施工又は、間違って施工されている可能性が高いのは以下。
・大手ハウスメーカー以外で建てた。
・設計が下請けの建築士で図面枚数が少ない。
・平成20年以前に建てた。
全てに該当していれば、金物がきちんと施工されていない確率はかなり高い。

部分的に金物が付いている家もあるため、素人が自ら発見することは難しい。
また、全国展開している検査会社やアルバイト検査員は
マニュアルに沿った検査しかしないため、発見できない。
金物の計算根拠が分かる建築士が検査をしないと発見は難しい。

保証のあるうちに調べて、問題があれば業者に修理を求めましょう。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影